スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

自己紹介

はじめまして!
私は、(merry)mikkoと申します!

このようなタイトルのブログを立ち上げておきながら、厳密な意味では留学経験者ではありません(笑)。でも、企業研修のような形で、1年間の海外勤務を経験しました。

非常に刺激的で、有意義な1年間だったと思います。たったの1年間でしたが、自分の育った日本と言う環境を外から見つめ直す事ができたと思います。日本と言う国、文化、生き方の良いところも悪いところも含めて、自分の中で相対化し、理解し直すことができました。

日本人の思考様式、日本人の文化様式、日本のような社会のあり方、日本人の人生に対する考え方、日本人の仕事と人間の関係、日本の教育環境‥‥多くの日本人は未だに、そういった「日本独特の世界のあり方」を「当たり前の事」「世界とはそういうものだ」と信じこんでいるように思います。

そういったものはなんら「当たり前の事」ではない、と気づいている、知っている日本人がもっともっと増えてほしい。帰国後、私は強くそう思うようになりました。

「日本の社会のあり方以外にも、世界のあり方と言うものは存在する」と知ること‥‥これは、ボーダレス化していく世界の中で、異文化と共存するために必要、というだけでなく、自分の人生をより豊かに、有意義にするためにも必要な「気づき」だと思うのです。

この「気づき」は、実際に別の社会に「参加」してみないことには得られないものです。例えば書物からの知識だけで得ることはできません。観光旅行でも足りません。地べたを這いずるバックパッカーなら、それぞれの地域社会に「参加」できている可能性はありますが、全員ではありません。

また、企業研修は、プログラムの組み方にもよりますが、地域社会との接点がない場合が非常に多いように思います(私の場合は、幸運な要素が幾つも重なって、非常に良い研修となった例だと思います)。

やはり、地域社会に「参加」するには、可能であれば、留学という形を取るのが一番なのです。

もっともっと多くの人に、海外での生活を経験し、その社会に「参加」し、「日本以外の世界のあり方」について気づいてもらいたい。そんな思いで、このブログを始めました。いつまで続くか分かりませんが、留学プログラムに関する情報、奨学金に関する情報を中心に、留学全般について、このブログに記事をあげていこうと思います。

どうぞよろしくお願いします。


(応援をよろしくお願いします。)
にほんブログ村 英語ブログへ


スポンサーサイト
このブログについて | 2007-11-25(Sun) 16:54:10 | トラックバック:(1) | コメント:(15)

Copyright © 留学情報-奨学金、語学留学プログラム、留学準備、英語学習法- All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。